プロフィール

ぜんぱば

Author:ぜんぱば
十数年間、冬キャンプにハマってましたが、キャンカーに転向しました。
キャンカーがあると?よく人生変わるよ〜って聞きます。
初心者なりの視点で思いつくまま書いてみようと思います。よろしくお願いします。


最新記事


カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


今、訪問している人数

現在の閲覧者数:

カテゴリ


訪問していただいた人数


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーターのLED打ち替え

とうとう、メーター周りの美白化に手をつけちゃいました。(#^.^#)

カムロードのメーター周りの照明は、ご存知

トラックです。

メーターパネルのLEDの打ち替えは、諸先輩方が実践され、ブログにアップされているので、参考にさせていただきました。
自分なりに注意した点、失敗した点などについて書いてみようと思いますσ(^_^;)
まず、メーター周りのパネルですが、ネジはありません。
内張はがしを差し込み、もう一本の内張はがしでをテコに使うと、簡単に
バキッ‼︎
てはがれます。

初めてだったので、ドキッとしました。



メーターユニットは、3本のネジで取り付けられているだけで、ネジを外し、メーターユニットの裏の2つのハーネスを外すとメーターユニットは取り外せます。



裏の白いパネルと、表の透明パネルは、それぞれ、爪に内張はがしを差し込み、外していきますが、横から外した方が外し易かったです。



肝心なところは、メーターの針を外す作業です。
針を外す前に、メーターの位置を記録しておかないと、後でズレて正しい表示ができなくなります。



続いて、内張はがし二本を使って、テコの原理で針をゆっくり持ち上げます。
針を抜く時、針が右に左に動くと、せっかく位置を記録したことが、台無しになってしまうので、注意が必要です。
ゆっくり、ゆっくりと持ち上げてぬきます。
ぜんぱぱは、針が固かったので、位置がズレてしまいました。修正方法は、後で説明します。




針を全部抜くと、後は基盤を覆っている白色のパネルだけですが、ODOメーターパネルは白色パネルの上にあって、下の基盤に細い針のようなピンでコネクタに刺さっているので、曲げないように真っ直ぐ抜きます。要注意です。







後は、基盤の上に被さっている白色パネルを外すだけですが、白色パネルを上から見ると、それぞれのLEDが見えます。
スピードメーターのLEDです。



タコメーターのLEDです。



水温計と燃料計のLEDです。



裏返すと基盤を止めている爪がよくわかります。
この爪も、横から外して行くと、楽に外せます。



いよいよLEDの交換です。LED交換のコツとメーター合わせ等々は、長くなったので、後日アップします。

とりあえずの、出来栄えです。
まだ、不満点が何点か・・・(T ^ T)



今日も、お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますので下のバナーをポチっとしてもらえたらありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。