プロフィール

ぜんぱば

Author:ぜんぱば
十数年間、冬キャンプにハマってましたが、キャンカーに転向しました。
キャンカーがあると?よく人生変わるよ〜って聞きます。
初心者なりの視点で思いつくまま書いてみようと思います。よろしくお願いします。


最新記事


カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


今、訪問している人数

現在の閲覧者数:

カテゴリ


訪問していただいた人数


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車旅の間の給水は? & 初キャンカー旅!


またまた、連載の間のブレイクタイムです。

前回、コルドリーブスのタンクについて書きました。
ぜんぱぱは、バンテックさんのHPや、頂いたご意見から、「清水タンク』って呼ぶことにしました。(どうでもいいって思ってる方 ┐('~`;)┌ も多いと思いますが・・)

GWで九州へキャンカー初旅したときのことです。
九州は、キャンカー天国です。街中でもめっちゃくちゃキャンカーとすれ違います。(GWということもあるかな?)

キャンカー旅の諸先輩方は、旅の途中の給水はどうされてるのかな~

という疑問を持ちました?

出発するとき、清水タンクは満タンで出発したのですが、使うことに慣れてないぜんぱぱ一家は、アッという間スッカラカンです。
まあ、『SAで補給できないかな~』って感じで、初心者らしく甘~く考えていたのですが

SAに着いて・・

ぜんまま『トイレしかないかな?・・』
ぜんぱぱ『トイレの洗面台の水は、なんかいやだな~』
ぜんまま『少しくらいなら別に良いんじゃない?トラックの運転手さんだって歯磨きしてるよ!』
そうかな~?ということで

SAのトイレへ・・・

えっ?


蛇口が低すぎて・・・(・∀・i)タラー・・・

SAのトイレの洗面台の水は、「飲み水には適しません。」と書いてない限りは、基本的に飲めるようですが、蛇口は清潔かな~という気持ちとトイレという周りの環境から、なんとなくイヤだな~って思ってしまいました。
「今の日本人は、清潔な環境に慣れてしまってるな~、そういえば水道の蛇口から直接水を飲んだのって、いつのことだろう?」って思った、ぜんぱぱです。

それより、水をどうしよう!

どうにかならないかな~って思いましたが、結局、ガソリンスタンドに立ち寄る度に、清水タンクに給水させていただきました。

その後、旅の途中、立ち寄ったSAや道の駅などで、給水できる設備はないかな~って、見て回りましたが、なかなか厳しい状況で、
旅の途中で、清水タンクへの給水は、ガソリンスタンドのご好意に甘える以外は難しいと感じました。

旅から帰って、色々と調べていると、全てのSAや道の駅が給水できない訳じゃなく、中には名水の湧き水が汲める所もあるようで、ぜんぱぱの旅ルートにはそういうところがなかったのかもしれません。
給水OK!のSAとか道の駅がもっと増えて欲しいですね。

ちなみに、キャンカー初旅は、以前、長崎へ出張したとき、長崎の方に案内されて行った中華料理のお店(宵彌)の皿うどんをもう一度食べたくて計画したのですが、宵彌は2月で閉店していました。
|ω-`*)シュン残念

自宅の岡山を午後9時過ぎに出発し、山陽自動車道を西へ、広島県の宮島SAで車中泊予定でしたが、GWということもあり満車!そのまま山口県の美東SAで一泊しました。(キャンカーだらけでした)

翌朝の朝食はパンで済ませて、一路九州へ

九州に入ると、博多どんたくで、高速道路も一般道も大渋滞!(まったく考えてなかったぁ~)
やっと、長崎に着いて、ぜんままのリクエストでグラバー園へ、キャンカーを市営駐車場に停めたのですが、車高が高いというだけでバス扱いされ、バス料金を払いました。(広~い青空駐車場なんだけど。゚(。ノω\。)゚。)
キャンカーへの理解って?まだまだですね~。

ぜんまま『中学校の修学旅行以来だわ~』
息子の『何年前のこと?』で、周囲の空気が凍りつきました。((( ゚д゚ ;)))

その日は、ぜんままのiPoneでスーパー銭湯を調査!

稲佐山温泉ふくの湯

長崎の夜景が見える露天風呂がある、めっちゃ!いい温泉でした。
なんと、駐車場では、コルドリーブスが駐車してました。(珍しい~さすがキャンカー天国です。)

HPからσ(^_^;)

その後、iPoneアプリの全国車中泊マップで調べた、「道の駅夕陽が丘そとめ」に深夜到着し、2泊目の車中泊

朝、起きてびっくり!
目の前は、雄大な東シナ海が広がっていました。
ぜんままと『地球のまるさが分かるね」とキャンカー旅の素晴らしさを実感した朝でした。


この後は、以前から行きたかったハウステンボスへ行き、


熊本の道の駅大津で3泊目の車中泊の後、阿蘇山のミルクロード経由で別府へと向かいました。

別府では、血の池地獄などの地獄めぐりの後、ミシュランの三ツ星温泉に入りマッタリと過ごしました。

いずれにせよ、九州は良いところですね~。
あっ!ちなみに、ぜんままの父親(昨年他界)は、熊本出身で、ぜんままのルーツを少し辿った旅となりました。
いつかブログをと思っていながら、写真も、紹介できるような記録もなく、ダラダラと長文になってしまいました。

まだ、旅の途中、キャンカーのエンジン性能やブレーキ性能等について、色々と思うことがあったのですが、またネタ切れの時に持ち出します。(^^;;

ここまで、お付き合いしていただいた、気が長~い方に感謝します。
ありがとうございます。
感謝♪感激♪(´∀`人)

にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますので下のバナーをポチっとしてもらえたらありがたいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。