プロフィール

ぜんぱば

Author:ぜんぱば
十数年間、冬キャンプにハマってましたが、キャンカーに転向しました。
キャンカーがあると?よく人生変わるよ〜って聞きます。
初心者なりの視点で思いつくまま書いてみようと思います。よろしくお願いします。


最新記事


カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


今、訪問している人数

現在の閲覧者数:

カテゴリ


訪問していただいた人数


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハブリングとホイールキャップ

先日、スタッドレスタイヤに交換したところホイールがガタついて!あれ~?
で、一週間そのまま調査もできないままになっていました。
昨日、雨上がりとともに、気になっていた、タイヤを外してみたところ、やはりハブリングの上にホイールキャップが無理やり押し込んでいる状態になっていました。
ホイールキャップを付けた、アルミホイールの裏は、こんな感じです。



これだったらハブリングがなくても、ハブ径がピッタリになるような・・・?
でも、あくまでホイールキャップなので、安全を優先して、ホイールキャップは外して、ハブリングだけでアルミホイールを装着し直しました。
なかちゃんからアルミホイールがかっこよく見えるとアドバイスをいただき、後輪のブレーキドラムは錆を落として、黒色に塗装してみました。
う~んなかなかじゃないですか(^_^*)
黒色に塗装するといいですね~
錆び付いたブレーキドラムよりいいですね。


ちなみに前輪は、こんな感じです。



全体では、



今回、スタッドレスタイヤを装着するためアルミホイールを取り付けましたが、
結論は、
ハブリングとセンターキャップの両方はとりつけられない。
どちらか一つを選択する必要がある。
ということで、ぜんぱぱは安全を優先してハブリングでハブ径を合わせる方を選択しましたが、皆さんからの貴重な数々の御意見は大変参考になるものばかりでした。ありがとうございました。
m(_ _)m
これで、クリスマスキャンプ、安全運転で行ってこようと思ってます。

今日も、お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますので下のバナーをポチっとしてもらえたらありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ハブリングを取り付けてみて

いよいよ、今日はスタッドレスタイヤのとりつけにチャレンジです。

とりあえず、交換前のリーブスをパシャりσ(^_^;)



ジャッキを出して



えっ?どこにかませるんだろ?
車両の取り扱い説明書にちゃんとでていました。

タイヤを外して、



お~!結構錆びてますね~!
錆びを落として、グリースを薄く塗っておきました。

外した純正タイヤと215R65/15スタッドレスの違いです。




比べると、かなり違いがよくわかります。

いよいよ、ハブの取付です。
ハブリングにも薄くグリースを塗っておきました。



タイヤをつけると、



こんな感じで、なかなかい~感じでジャストフィットしています。

あっ!センターキャップを付け忘れた~でもう一度やり直しです。

この時、気づけばよかったのですが、センターキャップとハブリングが干渉してピッタリと収まっていませんでした。

そうとも知らず、全て付け終えて、近くに用事があったので、自宅を出発しました。

別段、ハンドルが取られる訳でもなく、異音や振動もなく快調で、ご機嫌だったのですが。ぜんままがサイドミラーを見て、パパ、タイヤブレてない?

え~?

運転をぜんままに交代して、助手席に乗り、見てみると少しブレているようです。

降りて見てもよくわかりません。

よ~く考えてみると、せっかくハブリングをつけたのに、センターキャップと干渉してキチッと収まっていない感じがします。
来週にもう一度、タイヤを外して再チャレンジすることにしました。

失敗続きですが、アルミホイールを付けると、リーブス引き締まりますね~
σ(^_^;)



今日も、お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますので下のバナーをポチっとしてもらえたらありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



カムロードのハブリング

今日は、カムロード用に購入した
ハブリング110→106mm
を紹介します。

ぜんぱぱが購入したスタッドレスタイヤとアルミホイール
ハブ径が110mmで、カムロードのハブ径に合いません。

タイヤのセンターを合わせて6本のボルトにナットを規定のトルクでキチッと締めつければ大丈夫とは思うのですが、やはり重量があるキャンカーです。
横着者のぜんぱぱは、きっとナットの締めつけの事は忘れて、突然タイヤが外れるなんてことになるんじゃないかな~なんて想像してしまいます。

やはり、ノーマルというか純正の鉄ホイールが一番安全なんだと思いますが、

物欲と無知

で突き進むぜんぱぱです。

アドバイスを頂いたときは、既にポチッと購入した後でした。

そこで、救済措置というか保険の意味でハブリングを購入したところ、今日届きました。

コンサルティングプレイスさんの
ブルーアルマイト仕上アルミ鍛造ハブリングです。




メーカーの説明は

1. 材質 AL6061の材料はT4及びT6の熱処理によって材質自体は一層安定しております。
2. 表面塗装は陽極酸化処理によって、良好の外観及び錆び防止にもなっております。
3. 鍛造アルミの材質は切れにくく、変形もしません。
   尚且つ、CNN旋盤加工後、製品の精度は一層高くなります。
   この商品は100分4ミリの精度で作られています。

と書かれています。

まあ、軽くて強いということを信じるしかありません。

玄関に転がしているアルミホイールに合わせてみました。





バッチリのようです。
明日、取り付けてみようと思っています。
タイヤを玄関に置いておくと
ぜんまま『臭い!』
新品のタイヤはとてもゴム臭いですね。
早くなんとかせねば、・・・

今日も、お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますので下のバナーをポチっとしてもらえたらありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

カムロードのナットの締めつけトルク

ぜんぱぱは、今まで乗っていた車で、タイヤのナットの締めつけトルクなんて気にしたことはなく、ほとんど車に付属している工具で、緩めるにしても、締めるにしても、ほとんど力まかせでした。
締めつけトルクを意識したことがないのです。
専門の方からみれば、なんとムチャクチャな・・・だと思います。
リーブスを買って、キャンカー乗りの一人となって、またタイヤを交換しようと思って、初めて
適正な締めつけトルクがある
と知りました。
ちなみにカムロードの純正鉄ホイールは
135N•m(ニュートンメートルと読むそうです)
だそうです。
ネットを見ていると、ホイールによって違うと書いてあるものもあり、
ぜんぱぱが買ったキーラーフォースはどれくらいでしめれば適正値なんでしょう?(; ̄O ̄)
全く分かりません。
まあ、一応鉄ホイールと同等で良いと書いている方もいらっしゃるのて、135N•mていこうとと思っています。
大丈夫なんでしょうか?
あっ!ぜんぱぱはトルクレンチを持っていませんでした。(恥かしい限りです。)

ということで、Amazonでまたまた購入
今日、届きました。



箱デカっ‼︎

中に入っていたのは、



エマーソンのトルクレンチ
4,018円

Amazonのベストセラー一位
の商品です。

トルクレンチの箱にも、取り扱いが小まかくかかれています。



まあ、プロの方なには
正確に測定できない安物なので不安がよ斬るとは思いますが、

初心者のぜんぱぱには、お手頃だと思い、ポチッとしてしまいました。

製品は、レビューのとおりしっかりとしています。
まだ使っていないので、使用感はわかりまさせんが、専用ケース付きです。




ということで、本日は、トルクレンチお話しでした。

今日も、お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますので下のバナーをポチっとしてもらえたらありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



カムロードのタイヤチェーン

コルドリーブス、カムロードのスタッドレスタイヤとアルミホイールでは、皆様からの貴重なご意見をいただきありがとうございました。
ぜんぱぱは、仕事がらITには強いのですが、車のことになると、からっきし弱く今までも、純正のアルミホイール以外ははめたことがないので、ホントに良い勉強になってます。素人が手を出すものではないのかもしれませんが、チャレンジ精神だけは旺盛なところがぜんぱぱなので、アタフタとしているところは、大目に温かく見てやってください。

まだ、スタッドレスは取り付けていません。アルミホイール問題が納得できたら取り付けようと思っています。

でも、クリスマスキャンプの用意だけは進めているぜんぱぱです。
今日は、仕事から帰るとこんなものが届いていました。
ダンボールから出すと



SCCのロゴが入っています。
カバンのチャックを開けると



タイヤチェーンです。
先日注文したSCC JAPANのDC252です。


(メーカーホームページより拝借)

2トンから25トンまで耐えられるもので、評価が良かったので購入しました。

普通の金属チェーンでも良かったのですが、今までは非金属チェーンを使っていたので非金属では、キャンカーのヘビー級の車体に耐えられそうなものは、イエティくらいしかありませんでした。
イエティは、オートキャンパーでも紹介されていましたが、かなりお高いので、この製品をチョイスしました。
部品が壊れても、パーツだけ取り寄せて自分で修理もできるようです。

取り扱い説明書もしっかりしています。



ぜんぱぱが計画しているクリスマスキャンプは、息子の友達3人も連れていくため、事故が一番恐ろしので、万全を期してスタッドレスタイヤに金属製タイヤチェーンの安全対策で臨む予定です。

今日も、お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますので下のバナーをポチっとしてもらえたらありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村




 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。